人事評価コンサルティング

人事評価制度・賃金運用の目的のひとつは、社員に支払う賃金の適正化です。しかしそれだけを目的として運用するのではなく、自社の理念・ビジョン・戦略を体現するためのマネジメントツールとして捉える必要があります。人事制度は主に「等級制度」「評価制度」「賃金制度」の3つの制度から成り立ちます。また、さらに広義での「人事制度」にはジョブローテーション・配置転換のルールや福利厚生の諸制度が含まれることもあり、人材育成や採用戦略との一貫性も求められます。それら広範囲のテーマのから、各社の状況や課題をふまえて何をどこまで見直すべきかを検討していきます